新しい自分になる

多発性子宮筋腫を患い、子宮を全摘しました

新しい自分になる ①子宮内膜ポリープ?

突然ですが、わたくし多発性子宮筋腫の為、子宮全摘手術を受けることになりました。

長年、過多月経と貧血に悩み、仕事では辛さを出さずに頑張ってきましたが、今年に入って限界が来たようです。

 

同じ病気の方、特に子供を産むことなく子宮全摘となってしまう(しまった)方に、心の持ち方、周囲の心ない発言にどう対処するか等、前向きに生きていけるコツを、お伝えしたいなと思います。

私も悩み苦しみました。心ない言葉に涙したこともありました。

でも、子宮を失ったら女性じゃないなんてことはないのですよ。

 

 

新しい自分になる!

そう思いましょう。

 

それでは今回は子宮筋腫発覚前のことから。。。

 

*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*.。.*゚*

 

今から10年前、毎年人間ドックを受けていたけれど、ダラダラ出血が止まらないので近くのレディースクリニックへ行った。

 

人間ドックでは頚部の細胞診をやるだけなんだけれども、クリニックでは血液検査(貧血の度合いや、女性ホルモンの状態)、そしてエコーで子宮や卵巣の状態を診てくれる。

 

そこで初めて言われたのが

 

「内膜にポリープのようなものがあります」

 

でも、特に気にするほどのものでもないし、きれいな子宮だと医者から言われ、また一年放っておくことになった。

 

 

しかし、これが子宮筋腫との戦いの始まりで、その後10年かけて筋腫がとんでもない状況になるとは、その時は知る由もなかった。 。。

 

そして、初めに発覚した近所の病院が、誤診だったことも。。。

 

続く

 

f:id:happy_produce:20170416161246j:image