新しい自分になる

多発性子宮筋腫を患い、子宮を全摘しました

新しい自分になる⑭入院8日目(手術5日目)

今朝は36.8℃だったのに、昼前は37.8℃に上昇。

不安定だ。

 

またまたロキソニンに頼る。

 

投薬は抗生物質ロキソニン

 

腹腔鏡手術は開腹よりラクだから、術後はすぐに復活できて、外出を楽しもうと思っていたのに、想定外の内出血、高熱、痛みの持続で、苦しい入院生活だった。

 

食欲が完全に復活したのは夜。

 

それと同時に熱も下がって36.4℃。

 

 

夜、主治医より手術の結果説明と、次回の診察について話があった。

 

私のお腹から取り出したものは、何と子供の頭と同じ大きさだった。

 

しかも子宮内膜症も併発していたようで、どうしようもない子宮だった。

 

しかし、女は何でこんなに苦しむんだろうか。

毎月、特に問題なし!っていう人もいるけれど、婦人科系の病気で悩んでいる人も多い。

 

婦人科には、今何もなくても年に一度は行った方がよい。

 

私も子宮はなくなったが、卵巣と頸部はあるので、再びこの手術をすすめてくれた病院に今後も通う予定。

 

*॰ॱ୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧*॰ॱ

 

さて私が受けた婦人科の腹腔鏡手術は、こんな感じで行われる。

頭部を20センチ下げると腸が重力に従って移動する。

そこにガスを入れて空洞をつくり、手術する。

 

画像お借りしました。

 

f:id:happy_produce:20170524221743g:image

 

*॰ॱ୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧*॰ॱ

 

苦しんだ入院生活だったけど、その後には楽しい人生が待っている!