南米気分を味わえるバーで飲んで踊った時代を思い出す

大阪の堂山町っていうところに「国境の南」というバーがあった。

(今はもうないみたい)

 

20代の頃は、色んなライブハウスへ通って、色んなジャンルの音楽を聴くのが趣味の一つだった。

 

もともと音楽が大好きで、ギターやマンドリンを弾いていたしね。

 

しかし、、、しかし、、、南米系音楽メインの所へは行ったことがなく、とにかく陽気になれるところという友人の誘いがあり、何度か通った。

 

 

最初はおとなしく飲んだり食べたりしていたけれど、みんな酔い始め、南米のミュージシャンがギターをかき鳴らし歌い始めると、気分も高揚。

 

 

しまいには皆で、ラテンダンス♪♪

 

 

ああ、あの頃は楽しかったなあ(遠い目)

 

 

そういえば、ギターでイパネマの娘の弾き語りにチャレンジしたこともあったけど、コードが難しくて指がつり(爆)、ポルトガル語が難しくて舌を噛み(爆)未だにできない。

 

youtu.be